体内のグルコサミン量 ‐ グルコサミン ガイド

体内のグルコサミン量

グルコサミンはもともと私たちの体の中に存在する成分ですが、
加齢とともに、体内にあるグルコサミンの量は減少していきます。

グルコサミンの体内生産量は、ピーク時である幼年期と比べると、
20代で50%ほどに、さらに50代ではピーク時の20%までに
落ちこむともいわれているのです。

体内のグルコサミン量をかんがみ、
グルコサミンを毎日の生活に摂りいれて、スムーズな暮らしをサポートしてみてはいかがでしょうか。